« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

SEROW225 セローの名義変更

110630_152005_convert_2011063019525 セローの名義変更をする為に神戸の陸運局へ行ってきました。
最後に来てから10年以上経ちますが、相変わらず無愛想な上に手続きに時間が掛かるんでしょーねー。そしたら書類を提出して5分も経たない内に手続き終了。
丁寧に教えてくれるし、随分とサービスが良くなってるな・・。
しかし本館は年配の女性が多く、別館は若い女性が多いのは何故だろう?

2011年6月25日 (土)

絶品! 蒲入漁港の「漁港めし」

029_convert_20110625235106 「伊根の舟屋」で知られる京都府
伊根町をR178で北上。
浦島太郎伝説の残る浦島神社を過ぎ、蒲入(かまにゅう)の標識を目印に海岸方面へと降りて行きます。

しばしレトロな雰囲気の通りを走り抜け、奥へ奥へと進んで行くと・・。

  

 

   

011_convert_20110625235212 「蒲入漁港」に到着です。

今日の目的はココの「漁港めし」を食べる事。
要予約なのですが当日の朝でも予約を受け付けてもらえました。
営業はAM11:00~PM2:00までとなります。
看板の出ている蒲入水産建物内の受付で予約の確認をしたら食事処へご案内~。

  

  

027_convert_20110625235314_2 漁港施設の奥に駐車場有り。
今日は雨と天気が悪いせいか、聞いていた程の客の入りでは無かったですね。
雨の降る中をバイクで来てるのは、もちろん我々のみ。 (笑
  
左手にある荷揚げ場に会議テーブルとパイプ椅子を並べて、食事をするスペースへとしています。

 

  

 

014_2 席へ案内されてから10分ほどで出てきましたよ! 
ここを教えてくれた人の話だと食事が出てくるのに30分かかったとか、予約時間に到着しても客が一杯で待たされたとか聞いてたけど・・。
天気やら到着時間やらタイミングが良かったのかな?

  

  

  

  

016 大きい盆に料理が満載!
刺身の盛り合わせに鯛の煮付け、南蛮漬けにイカの酢味噌。
魚のアラの入った味噌汁に小鉢モノも色々と並んでます!
 
その日に獲れた魚によって料理の内容は変化するので何度来ても楽しめそうです。
←これだけでもボリューム満点なんですけど・・。

  

 

017 さらに大皿には魚やイカの天婦羅が山盛り! (画像は3人前)
旅館の夕食並の量ですわよコレ。
年配者だと完食するの無理では? と思ったら持ち帰り用のパックを出してくれるようです。(生モノは不可)

まあ、能書きはこのくらいにして・・
  
いただきまっす!

 

 

 

018_convert_20110626003750刺身がマジ絶品!! めっさ新鮮で身がプリップリ! 特に鯵は脂が乗ってて舌の上でトロけるような甘みが・・。イカやハマチ、トビウオの刺身も激旨~!
これ食ったらスーパーの刺身なんて食えません。
天婦羅も最高。ネタはプリプリッと衣はサックサク。魚の天婦羅が苦手だと言うキンピラさんが絶賛です。
「美味い!旨すぎる!」を連発し、貪る様に食い続けるオッサン3人組。
 
しかも、この味と量で驚きの価格。
一人前2000円です。

  

019_convert_20110626003542 なんとか3人がかりで完食!
「晩飯は食えそうにない・・。」
  
大満足の内容でしたね。亀大三にしては上出来だ、良くやったとお褒めの声をいただきました。 (笑
天気が良ければ綺麗な日本海を眺めながら食事が出来たんやけど。

天気の良い日に再訪したいなー。

 

 
 

 

  • 蒲入水産(有)
  • 住所:京都府与謝郡伊根町字蒲入1123-6
  • 電話:0772-33-0266
  • 営業時間:11:00~14:00
  • 営業期間:4月~9月
  • 定休日:毎週木曜日 ※8月1日~16日までは休業いたします。
  • 「漁港めし」は要予約。1人前¥2000です。
  • 2011年6月19日 (日)

    第5回おやじツーリング 丹後半島を途中まで周遊ツー

    梅雨の真っ只中で開催された第5回おやじツー。

    参加メンバーが固定されてるので他に参加希望者を募ったものの

    罰ゲーム的な内容を敬遠されたのか希望者0人ですた。(笑

      

    001_convert_20110619201337

    昨夜からの雨は幾分マシにはなってますが、小雨が相変わらず

    シトシトと降り続いてて・・。

    そんな中、中2病に冒された3人が待ち合わせ場所に集合。

    打たれ過ぎてドランカー症状が出てるのでは? と、噂の亨ちゃん

    も無事にやって来ました。 
      

    ここからR176を走り、三田西インターから舞鶴若狭自動車道へ。

    丹後方面は昼から雨の予報なのでイッキ走りで北上します。

    舞鶴西インターで降りた後はR27→R175→R178へと休憩も

    そこそこに走る走る。

    途中、天橋立に立ち寄るも、あまりの人と車の多さに嫌気がさして

    パスする事に。

    やはり有名観光地は行くもんじゃないわね・・。

      

    009_convert_20110619201438

    小休止した道の駅「舟屋の里 伊根」からパチリ。

    有名な「伊根の舟屋」が見えますが、距離があるのと雨で煙って

    よくワカラン・・。

    こちらは雨は昼からのはずが、ずっと降り続いてるんですよ。

    天気悪い割に駐車場は目一杯の満車状態で、バイク置くのにも

    気ィ使う始末ですわ。

      

    011_convert_20110619202936 昼過ぎに蒲入にて昼食。

    激旨の「漁港めし」を食す。

    この時点で、やりきった感爆発。

    こちらは後日アップの予定。

      

      

    この辺りから雨の降りが弱くなってきたので今後のルート会議。

    丹後半島一周の予定やったけど悪天候の為に景色もサッパシ

    なので、この先の経ヶ岬で折り返す事に決定。

      

    032_convert_20110619201747

    着いたけど~。

    何も無い~。

    確か灯台が有るハズなんやけど・・。

    よく見るとフェンス脇に看板が。

    「左方向に灯台が見えます。」

      

    035_convert_20110619201812

      

    よっく見ると山から微妙にハミ出してる建造物が。
      

    ちっちぇ~!

    なんじゃそりゃ!

      
    あそこまで行く方法はあるらしいんやけど、なんだかな~。

    全員一致でパス!

      

    岬見物が不発に終わりテンションだだ下がりのヘルメットおじさん達。

    しかし、ここで亨ちゃんから強い要望が。  
      

    「伊根の舟屋を近くから、ちゃんと見たい!」
      

    しかし亀大三&キンピラはテンション上がらず、まあココまで来たん

    やしねぇ・・な感じで賛成。

    距離的には離れてないし時間にも余裕があるので行ってみましょー。

    来る時に立ち寄った道の駅「舟屋の里 伊根」へ曲がる箇所を直進

    して海岸方向へ降りて行く我々。

     

    038_convert_20110619202000

      

    昭和的な雰囲気の残る町並みの中を抜けると舟屋が並んでた・・。

    何とも言えないマッタリとした空気・・。

    何が有ると言う訳では無いんやけど思わず景色に見入ってしまう・・。

     

    039_convert_20110619202024

      

    ↑ ズームしてパチリ。なんとも昭和チックと言いますか・・。

      
    入口付近では見難いので、奥の堤防へ移動してみる事に。

    しかし、こういった閑静な場所を爆音を響かせて若干ながら

    賑やかな排気音で通り抜けるのは気が引けるなー。

      

    047_convert_20110619203100

    040_convert_20110619202432

        
    049_convert_20110619202345

      
    なんだか時間が、ゆっくりと過ぎて行くような不思議な感覚・・。

    オッサン3人で暫くボーっと景色を眺めておった次第ですョ。

    出来る事なら近くの民宿で泊っていきたいと話してました。

    これは来て正解だった。亨ちゃん (*^ー゚)bグッジョブ!!

      

    この後は舞鶴港に停泊している自衛隊のイージス艦に潜入するべく

    現地へとバイクを走らせます。

       

    050_convert_20110619202834

      
    午後5時に到着!

    うお~! イージス艦でっけ~!!

    しかし残念なお知らせが。見学は午後4時で終了・・。 (;ω;)

    次々と見学希望者が来ますが、やはり入れない。

    どうしても乗り込みたいので強硬突破も考えましたが、明日の

    朝刊に載って身内に叱られるのも悲しいので自粛。

    とりあえず入口で敬礼しつつ遠慮がちな記念撮影を決行。

     

    この後、舞鶴東インターから高速に乗り帰途に。

    西宮北の王将で夕食&反省会を行った後、キンピラさんの

      
    「家に帰りたくない・・。」

    「現実に戻りたくない・・・。」

      
    お約束の極めゼリフを戴いて解散となりました。

    ここから盤滝有料に向かう頃から雨が降り出し、段々と

    本降りなってきて路面が見えない状態に。

    最後の最後で雨に降られながらも無事に帰宅しました。

      

    全行程距離 395km

    丹後半島一周してたら500km弱かな?

    次は9月半ば以降に計画してます。

     

     

     

    2011年6月17日 (金)

    SEROW225 セローが仲間入り

    林道ツーリングに行きたくてオフ車を探していましたが、これが中々

    見つからない訳ですョ。

    そしたら亨ちゃんの友人がセローの買い手を探してるとの事で紹介

    してもらい即決となりました。

    009_convert_20110617202305

    ヤマハ SEROW225WE ほぼ最終型。

    走行距離も少なく、程度は非常に良い車両です。

    ちなみに亨ちゃん所有のセローとはタイプもカラーも

    全くの同一モデル。(笑

    個人的には赤系統のカラーが欲しかったけど贅沢は

    言うまい。

    高速道路での移動はダルいが、トコトコ走るトレッキング

    には最高の一台。

    とりあえずはリンク周りやフロントをバラして徹底的に

    メンテします。

    « 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »