« 第5回おやじツーリング 丹後半島を途中まで周遊ツー | トップページ | SEROW225 セローの名義変更 »

2011年6月25日 (土)

絶品! 蒲入漁港の「漁港めし」

029_convert_20110625235106 「伊根の舟屋」で知られる京都府
伊根町をR178で北上。
浦島太郎伝説の残る浦島神社を過ぎ、蒲入(かまにゅう)の標識を目印に海岸方面へと降りて行きます。

しばしレトロな雰囲気の通りを走り抜け、奥へ奥へと進んで行くと・・。

  

 

   

011_convert_20110625235212 「蒲入漁港」に到着です。

今日の目的はココの「漁港めし」を食べる事。
要予約なのですが当日の朝でも予約を受け付けてもらえました。
営業はAM11:00~PM2:00までとなります。
看板の出ている蒲入水産建物内の受付で予約の確認をしたら食事処へご案内~。

  

  

027_convert_20110625235314_2 漁港施設の奥に駐車場有り。
今日は雨と天気が悪いせいか、聞いていた程の客の入りでは無かったですね。
雨の降る中をバイクで来てるのは、もちろん我々のみ。 (笑
  
左手にある荷揚げ場に会議テーブルとパイプ椅子を並べて、食事をするスペースへとしています。

 

  

 

014_2 席へ案内されてから10分ほどで出てきましたよ! 
ここを教えてくれた人の話だと食事が出てくるのに30分かかったとか、予約時間に到着しても客が一杯で待たされたとか聞いてたけど・・。
天気やら到着時間やらタイミングが良かったのかな?

  

  

  

  

016 大きい盆に料理が満載!
刺身の盛り合わせに鯛の煮付け、南蛮漬けにイカの酢味噌。
魚のアラの入った味噌汁に小鉢モノも色々と並んでます!
 
その日に獲れた魚によって料理の内容は変化するので何度来ても楽しめそうです。
←これだけでもボリューム満点なんですけど・・。

  

 

017 さらに大皿には魚やイカの天婦羅が山盛り! (画像は3人前)
旅館の夕食並の量ですわよコレ。
年配者だと完食するの無理では? と思ったら持ち帰り用のパックを出してくれるようです。(生モノは不可)

まあ、能書きはこのくらいにして・・
  
いただきまっす!

 

 

 

018_convert_20110626003750刺身がマジ絶品!! めっさ新鮮で身がプリップリ! 特に鯵は脂が乗ってて舌の上でトロけるような甘みが・・。イカやハマチ、トビウオの刺身も激旨~!
これ食ったらスーパーの刺身なんて食えません。
天婦羅も最高。ネタはプリプリッと衣はサックサク。魚の天婦羅が苦手だと言うキンピラさんが絶賛です。
「美味い!旨すぎる!」を連発し、貪る様に食い続けるオッサン3人組。
 
しかも、この味と量で驚きの価格。
一人前2000円です。

  

019_convert_20110626003542 なんとか3人がかりで完食!
「晩飯は食えそうにない・・。」
  
大満足の内容でしたね。亀大三にしては上出来だ、良くやったとお褒めの声をいただきました。 (笑
天気が良ければ綺麗な日本海を眺めながら食事が出来たんやけど。

天気の良い日に再訪したいなー。

 

 
 

 

  • 蒲入水産(有)
  • 住所:京都府与謝郡伊根町字蒲入1123-6
  • 電話:0772-33-0266
  • 営業時間:11:00~14:00
  • 営業期間:4月~9月
  • 定休日:毎週木曜日 ※8月1日~16日までは休業いたします。
  • 「漁港めし」は要予約。1人前¥2000です。
  • « 第5回おやじツーリング 丹後半島を途中まで周遊ツー | トップページ | SEROW225 セローの名義変更 »

    ツーリング・イベント関連」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552544/52043093

    この記事へのトラックバック一覧です: 絶品! 蒲入漁港の「漁港めし」:

    « 第5回おやじツーリング 丹後半島を途中まで周遊ツー | トップページ | SEROW225 セローの名義変更 »