« ちょっと怖かった話 前編 | トップページ | ちょっと怖かった話 後編 »

2011年9月15日 (木)

ちょっと怖かった話 中編

お札だらけの家を見て呆然と立ち尽くす午後11時の亀大三。

「Aさん~、帰ろうよぉ~。誰も俺らを責めたりせえへんて~。」

すでにチキンモードに突入の亀大三を無視してA氏は現場の確認作業に

入っている。

「これは剥がさん訳にはいかんなー。」

窓は清掃作業の対象外の約束だったらしいが、流石に放っておけるレベル

の話ではナイだろう。

まずは1階と2階に別れて作業を開始。亀大三は2階で窓を外してスクレーパ

でお札を剥がしにかかる。

目隠しが出来ないので照明器具を使う訳にいかず、街灯の薄明りを頼りに

進めて行くしかない。

深夜に作業とか目隠しして目立たないようにとかホンマややこしい仕事や。

その筋の方は絡んでいないらしいけど一体どこのだれが、こんな事を

するというのか?

  

1時間ほど掛かって除去作業が完了。

窓に目隠しをして、ようやく照明を点ける事ができて一安心。

しかし掃除機等の音の大きな道具は使用できないので、洗浄液を撒きつつ

ひたすら拭いて拭いて拭きまくる!

ポリッシャーで2階のフローリングの床と廊下を磨き終えたところでしたね。

  
キンコーン キンコーン キンコーン・・

  
突然チャイムが鳴ったんですよ。時計を見ると午前2時を回ったところ。

A氏がドアの覗き穴(←正式な名称がワカラン)から確認すると女性らしき

人影が見える。

( なんやろう・・? もしかして苦情を言いに来たんやろか? )

無視する訳にもいかずインターホン越しに用件を聞くと、こちらに尋ねたい

事があるらしい。

不審に思わなかった訳では無いんですが、身なりも普通やし言葉使いも

丁寧な感じやったんで問題は無かろうと入ってもらう事に。

玄関に入って来たのは50歳くらいの品の良さ気な女性でした。

「お忙しいところ申し訳ございません。どうしてもお尋ねしたい事が

ありまして・・。」

苦情を言いに来た訳でもなく、こんな時間に何を聞きたいと言うのだろうか?

「○○○さんの居場所を教えていただけませんか?」

○○○さん? それ誰ですのん? 二人して不思議そうな顔をしていたら

「ここに住んでいた○○○さんの事ですよ。知っているんでしょう?」

そう女性は言うんですが亀大三は全く知りません。隣でA氏も困惑顔。

明日にでも家を管理してる業者に聞いてみますから名前を教えて下さいと

A氏が言うと、貴方が教えてくれれば済む話だとか○○○さんとは家族

ぐるみで懇意にしていただの、お願いだから自分を信用して欲しいだのと

一方的に話してきます。

A氏は自分は何も知らないし聞いていない、もし知っていたとしても貴女を

信用できない内は教える事は出来ませんと突っぱねたんです。

 
「そうや! やっぱり知ってるんや! いい加減に教ええや! 早く!」

  
いきなし態度が豹変! そして二人とも何となく理解しました。

窓に目隠しだとか目立たないようにって条件はこのババアに見つからん

ようにする為やったのかと。

(ここから女性への呼び方が変わります)

口から泡を飛ばしながら捲し立てるババアに自分たちは何も知りませんから

管理者に聞いてくれと何度言っても埒があきません。

これ以上は何を言っても無駄だと悟ったのか、いきなりA氏が怒涛の寄りで

ババアを門の外へと押し出したんです! Σ(゚д゚;)

「帰らんかい! これ以上騒ぐんやったら警察呼ぶぞ!」

キーキー喚き散らすババアに向かって、さらにトドメの文句で一喝。

「門から中に入ってきたら不法侵入で訴えるからな! ババア!!」

  
Aさんチョーカッコいい~! 

これで静かになるやろうと一安心。

しなかったんですね。これが。

 
後編に続くのか?

« ちょっと怖かった話 前編 | トップページ | ちょっと怖かった話 後編 »

亀大三のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ややこしい人の登場ですね~
以前ニュースでも紹介?されてた『騒音おばさん』っていたじゃないですかぁ
あんな感じを連想しちゃいますね~
簡単には引き下がらないんでしょうね…続きが楽しみです
どうやり過ごしたんですかね~

亀大三→かいどんさん

毎度、読んでいただきありがとうございます。
簡単に終わらせる予定だったんですが長くなってしまいました・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552544/52738805

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと怖かった話 中編:

« ちょっと怖かった話 前編 | トップページ | ちょっと怖かった話 後編 »