« VTR1000F 関西平日缶コーヒーミーティング | トップページ | ちょっと怖かった話 中編 »

2011年9月11日 (日)

ちょっと怖かった話 前編

最近ブログの更新が滞り気味ですね。 

先日、久しぶりに昔の知り合いのA氏と偶然に再会しまして。

このA氏はバブル経済期の頃に「洗い屋」の会社を設立したんです。

「洗い屋」てのは新築住宅や中古住宅を綺麗に掃除して入居者が入れる

状態にする仕事なんですが、当時は新築住宅がバカみたいに建設されて

いたので結構な稼ぎになっていたようです。

個人営業だったので亀大三も夜間の作業の時には手伝いに入ってて

1軒につき2万~3万くらいは貰ってましたね。

一晩で2軒、3軒と頑張れば儲けは×軒数なので美味しかった。(笑

しかし設立後1年くらいでバブル経済は崩壊。当然、仕事の依頼は激減し

間もなく会社は閉める事となりました。

 
件のA氏が店を閉める直前の頃でしたね。

「久しぶりに仕事が入ったから手伝いに来てくれへん?」と連絡が入り

2人で仕事場所へと向かいました。

しかし業者から依頼を受けた際に妙な注文が付いたらしく・・。

① 「目立たないよう深夜に作業を行う事。」

② 「外から見えないよう窓に目隠しして作業を行う事。」

・・・絶対に問題物件に決まってんじゃんかよ~。  Σ(゚д゚lll)

「○○事件とか○○○の事務所だったらオレ帰るからね。」

しかしA氏曰く、そういう感じでは無いと言う。

  

到着したのは山の上の比較的、新しそうな住宅地。

「中古やけど築1年以内の物件やから仕事自体は楽やで~。」

こちらの気も知らずノホホンとした態度の社長に亀大三は多少

キレ気味。

「ハイハイ、はよ終わらせて帰りましょーね。」 助手席でテキトーに

流してたら、いきなり急ブレーキ踏みやがった。

  
「なんやアレは・・?」

A氏が何を言ってるのかは、すぐに分かった。

今日の仕事場であろう家がお札だらけです。 (泣

玄関から全ての窓という窓に、お札がビッシリと貼られてて気色悪さ

全開であります。
 

 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
  

「昨日、この家を下見に来た時には、あんなの無かった・・。」

ハイハイ、この時点で亀大三は帰る事に決定。 

「あ、お疲れッス。んじゃ近くの駅まで送ってください。」

そしたらA氏が「いつもの出すから! 頼むから手伝って~!」

必死の形相で頼み込んでくるので断わる訳にもいかず・・。

「わかりました。いつもの3倍なら、やりましょう。」

んで、結局いつもの2.5倍の金額で受ける事に。 

♪(o ̄∇ ̄)/

 

でもケンカになってでも帰るべきだったと後で思い知るのだが・・。

 
中編に続く・・。

« VTR1000F 関西平日缶コーヒーミーティング | トップページ | ちょっと怖かった話 中編 »

亀大三のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

それからそれから~???

えらいややこしい感じがプンプンですねぇ
展開が楽しみですgood

大丈夫かぁ~


バイトするなら

ホモビデオに出た方が

健全だよ


その一歩が道となる!

亀大三→宮っ子まん

最近、疲れ目が酷くてねー。暫くお待ち下さいな。
しょうもないラストが待ってます(笑

亀大三→かいどんさん

暫くお待ちください。ややこしい方々が出てきますのでbearing

亀大三→カツ丼

道になってたまるか (笑
実にカツ丼らしいコメントでホッとしたわcatface

じらし過ぎですね~angry
早くしないとカツ丼の荒らしにあいますよ~(笑)

亀大三→宮っ子まん

第2話アップしました。しかし、こんなにコメントが付くとは思わなかった・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552544/52703977

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと怖かった話 前編:

« VTR1000F 関西平日缶コーヒーミーティング | トップページ | ちょっと怖かった話 中編 »