« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月 3日 (木)

晩秋の信州へセローでGO ③

063

R471から「有峰有料林道」の看板を目印に右折して高山大山林道へ。

暫く双六川に沿って走りますが、ここがまた綺麗な渓谷なんでバイクを

止めて下へと降りる場所を探してキョロキョロ。

 
068

 
ここも水が蒼い。

そして管理が行き届いてるのかゴミが無い。それとも誰も

入らないからなのか?

 
072

有峰方面へ進むに従って高度は上がり、コーナーが連続して意外な

くらいに面白い道が続く。

のどかな風景を楽しみながら走るんやけど、対向車が滅多に来ない

ので少し気味が悪い。

しかしアンダーパワーなセローではガチャガチャとシフトチェンジが

忙しなくて熱ダレが気になるな。

 
075

 
ワインディングが続いていたかと思うと途端に風景が変わった。

そして先には小さな集落があって、こんな何も無い豪雪地帯では

不便で仕方ないだろうと思うんやけど・・。

 
076

いつになったら林道入口に着くのかと考えてたら、ようやく看板を発見。

看板横の隙間から見えるのは立山かしらん?

しかしダムまで19キロ・・。ここまでも随分と走ってきたしR471へ戻る

には何キロ走らんとアカンのだろうか。

 
078

 
少し先の料金所で300円を払って有峰林道を走行開始。

走行可能なのは午前8時~午後8時の12時間のみで、夜間は走れ

ませんよとの事です。

もっと狭い道路を想像してましたが状態の良い2車線路で走りやすく

すぐに有峰湖に着きそうな感じ。

ちなみに林道全線を走れるのは7月~11月初旬くらいらしく、どんだけ

の豪雪地帯なのかと思う。

 
079

 
湖に近付くにつれ道が細くなっっていき走行ペースがガクンと落ちる。

深い森に左右を挟まれ秘境に入り込んだかのような錯覚に・・。

去年は熊がよく出没したらしいですが、出来ればそんなデンジャラスな

出会いは避けたいところ。

平成のウィリー・ウィリアムスになりたい方は、山に餌が無い時期に

お越しください。

飢えたツキノワグマが貴方との対戦を待ってます。(笑

 
083_2

10月も終りな時季だけあって立山も冠雪してますね。

あそこまでバイクで登って行けたら面白いんやけどな~。

セローなら行ける。セローならやれる。気がするだけ。

 
085

 
ようやく有峰湖に到着です。

さあ、ここからR471に戻る気はありますか?

絶対に嫌です。

 
089

 
結局、終点まで走りきる事にした亀大三。

ひるがの高原は来年にでもVTRで走りに行きますよと、自分に

言い聞かせて無理やり納得。

通行止めでの時間ロスが無ければなー。

 
まっすぐ進めば小口川線、右に曲がれば小見線、時間も無いし

どちらに行こうかと暫し悩む・・。

 
「小見線は11月1日で通行止めの予定らしいよ?」

通りがかりのセロー乗りが教えてくれたので右折して小見線へ行く

事にして、途中で折立線から有峰記念館方面へ行き遅い昼飯を

摂る事に決定。

(後で確認すると1日から通行止めなのは小口川線の方。小見線を

含む他の道路は13日から。間違えてるし~。)

 
092

 
記念館付近の展望台から有峰湖を。

値段だけは高いメシを食って小見線へと引き返しますが、林道を出てから

どないしようかなと。

地図を見てると立山道路から「悪城の壁」ちゅーのが見れるようなので

そこへ寄る事にします。

 
094

  
週刊予報では午後から曇りやったんですが全く、そんな気配は無し。

どピーカンの晴天が続きます。

 
095

 
分かりにくいですが山と山の間を、ず~っと道が延びてます。

 
096

 
画像のように急に道幅が狭くなるわ、いきなりダートに変わるわ、工事

箇所は多いわでペースは上がりません。

まあ飛ばすような道ではないし、ガードレールも無い場所が多いので

落ちたら確実に死ねます。

夜間は全面通行止めにする理由が分かるなー。 (lll゚Д゚)

 
 
097_2

 

有峰林道の料金所を出て一休み。

なんか日も傾いてきたし細いシートが股間に食い込んで痛むしで

心の中に「もー、いっかー?」な気持ちが広がってくる。(笑

亀大三はツーリング中に陽が落ちてくるとテンションがダダ下がりに。

走りではなく景色を楽しむタイプだからでしょう。

 
099

 
立山街道R6を走って「悪城の壁」を見に。

なんか巨大な一枚岩らしいけど、どれほどのモンなんかねー?

 
106
 

壁でかっ!
 

 
102

 
なんか凄いなコレ・・。

この先の終点から遊歩道を使って奥へ行くと、もっと凄い光景が

広がっているらしいんですが。

どうにも工事個所が多く気分を削がれてしまい、ここでUターンして

来た道を戻る事に。

 
107

 
しばらくは下道を走ってましたが全然、面白くない。

快走路はあるんですが今まで走って来た道に比べると、ランクは

思いっきり下がりますのでねぇ。

「明日から仕事やしな~・・。」

そんな訳で近くのICから高速に乗って帰宅の途に。

しかし、これがキツかった。

来る時はそうでもなかったけどセローでの高速走行が、こんなに

シンドイとは思わなんだ・・。

バシバシ後続車にブチ抜かれる度に風圧で煽られ、必死にハンドルに

しがみついて走り続けるセロー&亀大三。

  
 108_convert_20111103171740

  
   
どこかのパーキングのベンチで仮死状態です。 _| ̄|○

今回の旅で思ったがセローのパワーアップは急務だ・・。

珍しく雨にも降られず好天に恵まれたのに、グダグダな展開が

続いて不完全燃焼だな~。

まあ来年に期待しましょう。今年は泊りでのツーは、もう行けそうに

ないしな。

 

全走行距離 1060㎞
燃費 41㎞/L

2011年11月 1日 (火)

晩秋の信州へセローでGO ②

037

2日目の朝は雲ひとつ無い好天に恵まれました。

昨晩はバイク乗りの同宿者らと盛り上がり、今日は今日で朝食後も

ダラダラと話し込んでたらチェックアウトの10時が目前・・。

挨拶もそこそこに皆、目的地へと走り去って行きました。

とりあえず亀大三は近くの乗鞍林道から行ってみましょー。

 
039

 
林道と言っても舗装されてますので車種を問わず走れます。

ハイペースで走れる道ではないので好き嫌いの分かれる道かな?

以前は有料道路でしたが数年前から無料になってます。

 
041

景色を楽しみながら、ゆっくりと走るコースですね。

奈川から乗鞍までのC区間、白骨までのB区間、平湯までのA区間の内

かなり前からA区間は崩落の為に通行止めになってまして、どうも工事の

予算が無いようです・・。

040

 
山の谷間に小さな集落が。
 

 
045

 
3年振りに走りますが、やっぱりイイな乗鞍林道。

個人的には気に入ってます。

 
048

 
林道C区間を抜けて一ノ瀬園地に。

ここは前に来た時には冠雪した乗鞍山を撮影するアマチュアカメラマンで

埋まってたんですけどねぇ。

 
049

一ノ瀬園地を出て道路を跨ぐとB区間の入り口に出れます。

C区間は全長15キロくらいありますがB区間は5~6キロくらいと短く、この

先にある白骨温泉へ直行できるルートです。

 
052_2

なんだか空へ向かって走ってるような錯覚に陥る・・。

 
053

 
B区間にある何か所目かのトンネルを抜けると・・

(実際は、かなり暗い)

 
054

 

スコーンと景色が広がります。

思わず声が出ちゃいます。 (笑

  

しばらく下っていくと白骨温泉に到着なんですが、ここでトラブル発生。

なんとR158へ出る唯一の道路が工事で全面通行止め。(泣

案内所で確認すると林道で乗鞍まで戻ってからR158へ下って、さらに

ここまで走って来ないと・・。

 

亀大三あうとぉ~!

 

ええ戻りましたよB区間を。んでR158まで下りましたよ。

 
058

 
2日連続の通行止めで、マジ泣けてくるわ~。

これで1時間以上のロスだと思う。

気を落ちつける為にR158手前の橋上からパチリ。

 
060

 
思わぬ時間を食ってしまったため安房峠越えは有料トンネルを利用

する事にして平湯からR471へ。

とにかく天気が良いので新穂高ロープウェーに乗ってみようかなー、

とも考えましたが穂高方面へ行く車の量を見て断念。

おとなしく神岡方面へとハンドルを切ります。

 
061

 
そして次の目的地である有峰林道を目指します。

今日の予定は有峰湖までを往復してから、ひるがの高原の

「やまびこロード」を走って高速で帰宅。

昨晩、同宿者からお薦めコースだと教えてもらったので、ぜひ

行ってみようと今日の計画に入れたんですが・・。

 

これは時間的に厳しいかな~?

うん、間違い無く厳しいな。 (笑

 

 

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »