« 信州の絶景展望台を廻る ① | トップページ | SEROW225 クラッチケーブル交換 »

2012年10月29日 (月)

信州の絶景展望台を廻る ②

023

 

AM6:30起床。

寒すぎ。

出発の準備をしに外へ出たら、セローのシートが凍ってる・・。

早々に心が折れたので、宿に戻って気温が上がるまでマンガを

読んで過ごす。

 

「時間は大丈夫なんですか?」

宿のオーナーに指摘されて、かなり時間が経ってしまってる

事に気付き慌てて出立。

まずは宿の近く、ビーナスライン沿いにある「女の神展望台」

を目指す。

   

027

 

簡単に来れる割に絶景が見れるのがポイント高いです。

八ヶ岳の裾野がグワ~ッと広がる・・。

 

030

 

次の目的地はR299(メルヘン街道)沿いにある「高見石」。

この時期は紅葉目当ての観光客で、朝早くから駐車場は

満杯になるらしい。

それもあって早く向かう予定やったけど、寒かったんだから

仕方ない。

無理はしない主義です。

 

029

 

ここを過ぎたら目的地はスグそこです。

駐車場待ちの車で渋滞が出来てたりするので

要注意。

標高が高いせいか吹けが悪いような・・。

 

031

 

AM9:00チョイ前に白駒池の有料駐車場に到着。

既に道路には駐車待ちの渋滞が出来てますが、バイクは

何とかOK。

駐車料金をケチって麦草ヒュッテの無料駐車場を利用すると

プラス1時間ほど無駄に歩く事になります。

ここでトレッキングシューズに履き替えて山登り開始。

 

035

 

入口から暫く歩くと十字路に出ます。

体力や装備に自信の無い人は素直に、右の「高見石」方面から

登りましょう。

「白駒池キャンプ場」方向から高見石を目指すと勾配がキツくて

山登り好きや体力バカ以外は100%泣く事になります。

宿泊した宿のオーナーから、そうアドバイスを受けました。

 

036

 

037

 

それでも結構しんどいやん。 (lll゚Д゚) 

息苦しいのは運動不足のせいなのか、それとも標高が

高いからなのか?

看板から高見石まで40分て書いてあったけど、1時間

くらい掛かりそ。

 

しかし、凄い深い森ですわ・・。

横から熊が顔を出してても不思議じゃないし。

実際、すれ違う人は熊除けの鈴を付けてるしな。

 

046

 

高見石手前の山小屋に到着。

ゆっくり歩いて来たけど、ここまでで約40分なんで、まあ

予定通りな感じ。

しかし皆さん、ちゃんとした山登り装備で来てはりますなぁ。

モンベルやノースフェイス、パタゴニアの集団の中にバイク

装備の亀大三。

ワタシ、若干、浮いてます。 (笑

 

045

 

山小屋横から高見石展望台を目指して行くんやけど・・。

少し岩登りしますよとは聞いてたけど、こんなデカいの?

気持ちが萎えかけたが年配の女性もフツーに登っていくので

仕方なく腹を括る。

高所恐怖症にはチョッとキツイ・・。

 

038

 

ふおぉぉぉ・・。 凄い!絶景!!

 

登って来た人が例外無く歓声を上げますね。

ただ風が強くて、岩の上に立ってるのがチト怖い。

次から次へと人が上がってくるんで、ゆっくりとは

していられないのが残念。

 

048

 

帰りは白駒池経由のキツいルートで降りてみる事に。

ダメと言われると反対の意味に取るのが関西人の性。

画像では伝わりにくいが、とにかく岩がゴロゴロしてて

歩きにくい上に角度がキツい。

しかも濡れてヌメッてる場所が多く足首を挫きそう。

もう引き返すには遅すぎる・・。

 

049

 

降りたら駐車場に向かうつもりが、うっかり白駒池一周ルート

に突入してしまった亀大三。

たっぷり自然満喫なトレッキングを堪能させていただきました。

もー、お腹いっぱい。

 

060

 

高見石を後にしてR152→県道49で陣馬形山の展望台

を目指す。

が、目的地への林道が工事中の為に通行禁止。

 

059

 

せっかく、ここまで来たっちゅーのに・・。

諦めきれないので走ってみたけど、やはりダメだった。

この辺りも次に来る時には舗装化が進んでるんやろな。

 

062

 

せっかくなので林道を探して何本か走ってみた。

根がビビりなので道が険しくなってくると大人しく引き返す

のが亀大三。

安全パイなとこだけ走って満足しました。

 

この後「松川IC」から高速に乗って帰途に着きましたが、高速上

で想定外のエンジンストップ。

なんで? ガソリンまだ残ってんのに?

避難帯で寒さに震えながら2時間以上もJAFを待つハメに。

ダメもとでガソリンを入れてもらうと、何事も無かったのように

セローは息を吹き返した。

まあ、直ったから、ええんやけど・・。

 

最後にミソが付いたけど2日続けて天気も良かったし、まずまずの

ツーリングやったかな。

« 信州の絶景展望台を廻る ① | トップページ | SEROW225 クラッチケーブル交換 »

ツーリング・イベント関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552544/55994176

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の絶景展望台を廻る ②:

« 信州の絶景展望台を廻る ① | トップページ | SEROW225 クラッチケーブル交換 »