« 2012年12月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

魚屋道~六甲最高峰

混雑する週末を避けて六甲山へ登って来ました。

阪神深江から魚屋道を通って六甲最高峰から有馬

へと抜ける定番ルートです。

 

001

 

午前9:30に深江にある魚屋道の記念碑をスタート。

まだ涼しいけど暫く歩けば一気に気温が上がって

汗ダクになるな。

 

002

 

30分ほど歩いて登山口に到着。

ここまで来ただけで意外に疲れてますが、登りの舗装路って

何故か3割増しでキツく感じるわ。

 

003

 

入口から蛙岩までは道が良くないのと、虫が多いのとで

好きくありませぬ・・。

なんか自分を狙って虫が落ちてきてる気がする。 (T_T)

 

004

 

蛙岩に到着。

ここから先は道が整地されてて歩きやすいんですが、かなり

気温が上がってきてデブには堪えまっさ。

今回から導入したハイドレーションが大活躍してます。

 

005

 

平日なんで風吹岩には人が少ないです。

前に来た時は足の踏み場もないくらいの人出で休憩する

のも一苦労やったな。

 

007

 

雨ヶ峠で小休止した後、いよいよ最大の難所である

七曲りに突入。

難所と言われてるけど景色的には、このルートの中で

一番良いと思うけど。

 

008

 

天気が良すぎて緑が濃く見えるね~。

 

009

 

高度が上がってるせいで気温は平地より低いけど、暑いのは

暑いんで汗の量が半端じゃない。

節約して飲んでるつもりやったけど、持参した2Lの飲料水が

途中で無くなってしまった。

一軒茶屋で補給するまでは我慢するしかなく泣けてくる。

 

012

 

やっと水分補給・・・、の前に頂上へ行ってしまおう。

パックに氷が残ってたんで齧ってガマンだ。

 

014

 

着いた! 到着時刻は12:10。

とりあえず証拠撮影。

 

015

 

カロリーメイトとコーヒーで軽い昼食を。

コーヒーは淹れたてを有り難く頂戴いたしました。

日差しを遮る物が無いので、この辺りに東屋でも

あったら助かるんだが。

 

019

 

まったりと充電中。

こんな晴天での山登りは久しぶりだなー。

気持ち良すぎる・・。

 

020 

 

13:10 有馬へ向けて下山開始。

神戸の街並みが一望できますが、登ってくる時には

気付かなかった。(笑

 

021

 

六甲は木立の中を歩くので見通しが悪く、自分がどの辺りに

居るのかワカラン。

ひたすら魚屋道を歩き続け「虫殺し」と「鳥殺し」のある地点で

山道は終了。

後は有馬でガッツリ栄養補給した後、バスで宝塚駅まで爆睡

します。

自分が汗臭過ぎるのか電車の中では誰も隣に座らないのよ。 (ToT)

2013年5月19日 (日)

SEROW225 ヘッドカバーのオイル漏れ修理

洗車しようとしたらヘッド周りからオイルが漏れて、ドロドロに

なってますた・・。

シリンダーヘッドのサイドカバーからのオイル漏れは、セロー

の持病みたいですな。

ネットで調べてみたら2年に1回くらいのペースで交換するのが

良いようです。

 

005

 

タンクを外してカバー周りを洗浄してから取り外すんですが

スペースが狭くて作業しにくいっす。

  

006

 

漏れを起こしてるのはフロント側だけなんですが、ついでに

リア側のシールも交換しときます。

  

これで当分の間は大丈夫でしょう。 (*^ー゚)b

2013年5月 5日 (日)

SEROW225 タンデムのキャブレターキットを取り付け

ちょいと奮発してタンデムのキャブレターキットを購入。

ネットで調べた限りでは非常に評判がよろしいので期待大。

 

002

 

キャブレター(PWK28)の他に他車種(?)の色々なパーツが

入っとります。

 

001

 

まずはノーマルキャブとケーブル類の撤去。

外せるモノは出来るだけ外しておくと作業が楽でっせ。

 

005

 

ノーマルキャブに比べるとキットのPWKは若干、短いので

取り付けにコツが必要です。

 

006

 

まずエアクリボックスを車体に固定しているボルト(3か所)

を先に外してしまいましょう。

ボックスをフリーにするとキャブの取り付けが非常に楽です。
 

先に前側を締め込んで固定してからエアクリのジョイントを

引っ張る様にして後ろ側を固定します。

吸入口よりジョイントの口径の方が大きいので隙間が気に

なりますが、締め込んでしまえば大丈夫だそうです。

5MPは4JG以前のモデルよりエアクリのジョイント口径が

大きく隙間が広がりますが特に問題は無いそう。

取り付け作業が終わったらエアクリボックスを後ろに引っ張る

ようにして車体に固定しなおします。

 

013

 

取り付け完了。

スリップオンを入れてるのでMJは#115から付属の

#120に交換。

位置的にチョークが使いにくいが慣れれば問題無いかな。

 

004

 

AIポンプは こんな感じで処理してます。

ポンプ→右シリンダーヘッドも同じようにゴムキャップを被せて

塞いでいます。

TPSは外してしまうしかないのでカプラにテープを巻いて防水

をしておきましょう。

 

011

 

エアクリの吸入口も交換。

ノーマルとの違いに愕然とする。

 

015_2

 

最後に調整を行います。

エンジンが温まってから、アイドリングを低い回転で安定

させる。

次にASを回してアイドリングが高くなる位置を探して調整。

締め込んだ状態から4分の3 ~ 1回転と4分の3回転戻し

の間で決まるハズ。

 
なんやけど・・。

 

スタート時にアクセルを開けると回転が落ちてエンストしまくり。

むむ~。

もう一度、調整をしてみんと。

 
しかし走りだせば以前とは段違いのレスポンス!

高回転までグリグリと車体を引っ張って行きます。

これは買って良かった・・! (◎´∀`)ノ 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年6月 »