« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

台風接近中の剣山スーパー林道へ ②

林道終点には午後4時半頃に到着。
 

「ちょっと休憩が多かったなー。」
 

そんな事を話しながら名物(?)の芋天を頬張って

いると地元のライダーに話しかけられ、これからの

ルートを話してると衝撃の事実が。

先日の台風の影響で崩落が起こっており、予定して

いた宿へのルートが通行禁止!

仕方なく宿へ到着が遅れる旨の連絡をしたものの

教えられた最短のルートでも宿まで100キロ以上!

さらに道路事情が悪いので3時間以上は絶対に掛かる

だろうとの事。

 

途中で日が暮れてからは真っ暗闇の中を1車線あるか

無いかの酷道を半泣きで走る・・。

結局、宿まで120キロを走るハメに。 (;´д`)トホホ…

 
それでも宿のスタッフは到着時間の速さに驚いてました。 

 

R0010169

 

目が覚めると外はダダ降り。 ( ̄◆ ̄;)

ハイ。

剣山への登山は中止です。

昼までは天気は持つって予報やってんけどなぁ・・。

 
どうも台風の接近が早いようなので、残念ながら

急いで帰宅する事に決定。

 

R0010178

 

出発前は元気。(笑

この時点で降りは結構な感じよ。

 
14:30発のフェリーに乗るため高松港を

目指します。

Dsc_0150

 

途中、土釜渓谷にある鳴滝を見に行ったんですが

大雨で水量が半端無いッス・・。

 
かなり近くまで接近できるんですが、水が落ちる時の

風圧が凄まじく目を開けてられません。

 

R0010180

 

もうね。

豪雨で道が川と化してます。

レインウェアが役に立たない・・。

どこかの道の駅で放心する我々。 ( ̄Д ̄;;

 

R0010182

  

高松港に到着した時は心底、ホッとした・・。

   

R0010187

 

強風でフェリーが揺れる揺れる。

船酔い気味で横になってると亨ちゃんが
 

「カレーうどん食べに行きましょー。」

 
オマエ空気を読めよ・・。(笑

 

R0010195

 

予定より30分遅れて神戸港に到着。

やはり予想通りコチラも大雨ですがな。

 

来年もう一度、林道全線走破と剣山登山に

挑む事を誓って今回のツーリングは終了!

 

解散!!

2013年9月23日 (月)

台風接近中の剣山スーパー林道へ ①

セローを手に入れてから念願だった剣山スーパー林道へ

遂に走りに行く事に。

今回は自分と亨ちゃんの2人のみで、キンピラ氏は残念

ながら体調不良の為に涙の撤退。

 

初日:高速を利用→スーパー林道を走行→剣山近くで宿泊

2日目:剣山へ登山→祖谷渓→高松からフェリー

 
こんな予定ですが登山用の荷物が増えるのが難だな。

 

R0010118

 

なんと出発前日に台風が発生し、しかも四国&関西方面を直撃

ルートで急接近。

しかしツーリングを取り止めて宿のキャンセル料を取られるのも

アホらしいし、2日目の午前一杯は天気も持ちそうなので予定通り

に行く事に決定。

 

AM6:00に阪神高速に乗り淡路鳴門道で鳴門北ICで下車。

鳴門スカイラインを走りつつ、道沿いにある魚が旨いと評判の

食堂で朝食を摂りに。

 

亀大三 「この刺身定食を・・。」

店 「この時間は刺身は無いんです~。」

亀大三 「じゃあ、このアサリ定食を・・。」

店 「この時間は貝も無いんです~。」

亀大三 「何が出来るんです?」

店 「シラス丼か卵焼きか干物です。」

亀大三 「んじゃ卵焼き定食で。」

 
魚が旨い意味無し。 (`ε´)

 
店を出たとこで写真を撮ろうとデジカメのスイッチを入れると

何故か無反応。

そんな訳でツーリング中の画像は亨ちゃんに任せてます。(泣

 

R0010123

 

今年は林道起点からR253合流部付近までが、舗装工事

と崩落により走行禁止。

デビュー戦なのに半分近くが走れないのは非常に残念・・。

 

R0010127

 

岳人の森の茶屋で一服。

どうにも天気が良くなくてテンション上がらんねぇ・・。

 

R0010131

R0010130

 

林道突入前に「素掘りのトンネル」へ行ってみる。

ここ夜に来たら怖くて絶対に泣きます。

 

Uy6fg97g

 

ようやく林道入口へ到着。

ここからやと終点まで40km強くらいかな?

タイヤの空気圧を調整して突入します!

楽しみですわ~。

 

G68f

 

ファガスで昼食を摂った後 「徳島のへそ」 でパチリ。

たまに晴れ間が覗くんですがスッキリしないね。

 

67dfu

 

ここから翌日までの画像が事情により使えまてん・・。

なので肝心の林道の画像が全然ありませぬ。orz

 

そして翌日は難儀な展開になっていくのよ。(泣

 

2013年9月 7日 (土)

SEROW225 ハンドル交換&ブッシュガード取り付け

001

 

秋のツーリングに備えてハンドル交換とブッシュガードの

取り付けを。

ハンドルはレンサルの693モデルに交換します。

ブラックかシルバーが欲しかったんですが、どこにも在庫が

無く辛うじて残っていたブルーを購入。

 

004

 

交換作業は簡単で特に問題も無いですが、セルスイッチの

回り止めを削り取る必要があります。

 

002

 

ブッシュガードはMAGNUM(マグナム)の「テックブッシュガード」。

取り付け説明等は全くナッシングの「わかるヤツだけ買え!」的な

敷居の高さが魅力です。(笑

非常に頑丈な上に安価でコスパに優れたブッシュガードだった

らしいのですが、数年前からアルミの強度が落ちているようで

「値段の割にはソコソコ使えまっせ」 的なレベルだそうです。

 

006

 

グリップはセロー250等に使用されているヤマハ純正品ですが

非貫通タイプなので、面倒ですがグリップエンドに穴を開ける

必要があります。

 

007

 

スロットル側はグリップと共にスロットルチューブにも穴を

開けますが、引っ掛かりの無いよう綺麗に処理しましょう。

スロットルの戻りが悪くなります。

 

008

 

クラッチ側は特に問題も無くレバーを交換する必要は無さそう。

 

009

 

しかしブレーキ側はダメ~。

ホースに接触してクランプがハンドルに固定できません。

 

010

 

ここは適当なカラーを間に噛まして問題は解決。

ボルトもカラーの厚みの分をプラスした長さに交換です。

 

012

 

クラッチレバーは問題無いのにブレーキレバーは・・。

見事に干渉しています。

 

005

 

買ってきました。

こんな時のド定番 「ラフ&ロードのショートレバーセット」。

 

014

 

イイ感じです。

 

015

 

ブレーキホースも上手く逃がせました。

 

013

 

ついでにクラッチレバーも交換。

思ってたより握りやすくてイイ感じ。

 

020

 

ポジションの微調整&本締めをして作業は完了。

なかなか精悍な見た目になったような気がする。

ただETCのステーを取り付けるとバーパッドが

付かんのよ・・。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »