ツーリング・イベント関連

2013年10月15日 (火)

比叡山から湖北ツーリング

001

 

今回は湖北を走りに。 

名神の京都東ICで降りて西大津バイパスを走り、比叡山

ドライブウェイを目指します。

 

003

 

入口に到着。

休日の割に車が少なく、ここまで快調に走れてます。

 

004

 

いい天気や~。

このまま持ってくれるかな?

 

005

 

空気がヒンヤリと冷たくて気持ちイイっすね。

デブには最も良い季節かな?

006

ちょっくら休憩。

拝観するか悩んだけど・・。

ソフトクリーム食べて退散しました。

 

この後、奥比叡ドライブウェイも走りましたが紅葉には

まだまだですな。

他に車が少ないのは紅葉シーズンに早いからかな?

 

010

 

鯖街道にある蕎麦屋で昼食。

猪肉たっぷりの、ぼたん蕎麦が絶品です!

鯖寿司も旨~!

 

このルートは工事車両が多くて停車するタイミングが

難しい・・。

道沿いの川が綺麗で写真を撮りたいけど、下手に

止まるとダンプとの差し合いになってしまうのよ。

 

残念ながら台風の影響で朽木の先が道路崩落の

ために通行止め。

 
コース変更で海津を目指します。

 

012

 

海津大崎にて。

めっさ綺麗!

やっぱし湖北は良いね~。

 

013

 

あまりに気持ちいいので暫し休憩。

こんな好天でのツーリングは久しぶりやなー。

 

016

 

海津大崎を後にして奥琵琶湖パークウェイへ。

展望台へ向かう途中、CB&モンスターの2台が無理な

追い越しを掛けてきたので (# ゚Д゚) ムッカー!

 
たかがセローだと思ってナメてやがんな?

 
実は低速コーナーの続くコースやと軽量な車体のセローは

速いんです。

特にウチのはディービーマフラー&タンデムキャブ装備で

バカに出来ませんよ?

あの2台、頂上までピタリと張り付いてくるセローに焦って

いたに違い無い。(笑

  

019

 

展望台からの眺めもナカナカですな。

ちょっと木が多くて邪魔なのが難点やけども。

 

ここから岩熊へ降りて行く予定が、ここでも道路が

崩落してて通行止め。

仕方なく大浦まで戻ってから木之本へ向かいます。

 

020_2

 

ここまでスムーズに走ってたのが一転して渋滞・・。

さざなみ街道って、こんなに混む道路やったかなー?

おまけに珍走団に前を塞がれて進まない進まない。

 

023

 

予定を大幅にオーバーして琵琶湖大橋米プラザに到着。

しかし琵琶湖に夕焼けは合いますな。

 

食事に寄った王将の駐車場でキンピラ氏が立ちゴケした

以外は、これと言ったトラブルも無くツーリングは無事終了。

そう言えばキンピラ氏とのツーリングで全く雨が降らなかった

のは今回が初めて!

 
寒くなるまでに何回くらい走りに行けっかな?

2013年9月30日 (月)

台風接近中の剣山スーパー林道へ ②

林道終点には午後4時半頃に到着。
 

「ちょっと休憩が多かったなー。」
 

そんな事を話しながら名物(?)の芋天を頬張って

いると地元のライダーに話しかけられ、これからの

ルートを話してると衝撃の事実が。

先日の台風の影響で崩落が起こっており、予定して

いた宿へのルートが通行禁止!

仕方なく宿へ到着が遅れる旨の連絡をしたものの

教えられた最短のルートでも宿まで100キロ以上!

さらに道路事情が悪いので3時間以上は絶対に掛かる

だろうとの事。

 

途中で日が暮れてからは真っ暗闇の中を1車線あるか

無いかの酷道を半泣きで走る・・。

結局、宿まで120キロを走るハメに。 (;´д`)トホホ…

 
それでも宿のスタッフは到着時間の速さに驚いてました。 

 

R0010169

 

目が覚めると外はダダ降り。 ( ̄◆ ̄;)

ハイ。

剣山への登山は中止です。

昼までは天気は持つって予報やってんけどなぁ・・。

 
どうも台風の接近が早いようなので、残念ながら

急いで帰宅する事に決定。

 

R0010178

 

出発前は元気。(笑

この時点で降りは結構な感じよ。

 
14:30発のフェリーに乗るため高松港を

目指します。

Dsc_0150

 

途中、土釜渓谷にある鳴滝を見に行ったんですが

大雨で水量が半端無いッス・・。

 
かなり近くまで接近できるんですが、水が落ちる時の

風圧が凄まじく目を開けてられません。

 

R0010180

 

もうね。

豪雨で道が川と化してます。

レインウェアが役に立たない・・。

どこかの道の駅で放心する我々。 ( ̄Д ̄;;

 

R0010182

  

高松港に到着した時は心底、ホッとした・・。

   

R0010187

 

強風でフェリーが揺れる揺れる。

船酔い気味で横になってると亨ちゃんが
 

「カレーうどん食べに行きましょー。」

 
オマエ空気を読めよ・・。(笑

 

R0010195

 

予定より30分遅れて神戸港に到着。

やはり予想通りコチラも大雨ですがな。

 

来年もう一度、林道全線走破と剣山登山に

挑む事を誓って今回のツーリングは終了!

 

解散!!

2013年9月23日 (月)

台風接近中の剣山スーパー林道へ ①

セローを手に入れてから念願だった剣山スーパー林道へ

遂に走りに行く事に。

今回は自分と亨ちゃんの2人のみで、キンピラ氏は残念

ながら体調不良の為に涙の撤退。

 

初日:高速を利用→スーパー林道を走行→剣山近くで宿泊

2日目:剣山へ登山→祖谷渓→高松からフェリー

 
こんな予定ですが登山用の荷物が増えるのが難だな。

 

R0010118

 

なんと出発前日に台風が発生し、しかも四国&関西方面を直撃

ルートで急接近。

しかしツーリングを取り止めて宿のキャンセル料を取られるのも

アホらしいし、2日目の午前一杯は天気も持ちそうなので予定通り

に行く事に決定。

 

AM6:00に阪神高速に乗り淡路鳴門道で鳴門北ICで下車。

鳴門スカイラインを走りつつ、道沿いにある魚が旨いと評判の

食堂で朝食を摂りに。

 

亀大三 「この刺身定食を・・。」

店 「この時間は刺身は無いんです~。」

亀大三 「じゃあ、このアサリ定食を・・。」

店 「この時間は貝も無いんです~。」

亀大三 「何が出来るんです?」

店 「シラス丼か卵焼きか干物です。」

亀大三 「んじゃ卵焼き定食で。」

 
魚が旨い意味無し。 (`ε´)

 
店を出たとこで写真を撮ろうとデジカメのスイッチを入れると

何故か無反応。

そんな訳でツーリング中の画像は亨ちゃんに任せてます。(泣

 

R0010123

 

今年は林道起点からR253合流部付近までが、舗装工事

と崩落により走行禁止。

デビュー戦なのに半分近くが走れないのは非常に残念・・。

 

R0010127

 

岳人の森の茶屋で一服。

どうにも天気が良くなくてテンション上がらんねぇ・・。

 

R0010131

R0010130

 

林道突入前に「素掘りのトンネル」へ行ってみる。

ここ夜に来たら怖くて絶対に泣きます。

 

Uy6fg97g

 

ようやく林道入口へ到着。

ここからやと終点まで40km強くらいかな?

タイヤの空気圧を調整して突入します!

楽しみですわ~。

 

G68f

 

ファガスで昼食を摂った後 「徳島のへそ」 でパチリ。

たまに晴れ間が覗くんですがスッキリしないね。

 

67dfu

 

ここから翌日までの画像が事情により使えまてん・・。

なので肝心の林道の画像が全然ありませぬ。orz

 

そして翌日は難儀な展開になっていくのよ。(泣

 

2013年6月20日 (木)

梅雨の氷ノ山へ

梅雨の合間に氷ノ山へ行く事に。

しかし・・。

 
① 自分+亨ちゃん=降水確率0~30%

② 自分+亨ちゃん+キンピラ=降水確率20~60%

③ 自分+キンピラ=降水確率100%


今回は恐怖の③の組み合わせだ。Σ(゚д゚;)

降水量の差はあれど間違い無く確実に雨は降るのだ。

 

Hyounosen1306_003

 

今年初の氷ノ山へ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

雨は午前中に少しだけ。

やっぱし降られました。

またしても記録を更新。(笑

 

北近畿豊岡自動車道が八鹿まで延びたお陰で移動が

楽になったわー。

西宮から氷ノ山まで片道200円(遠坂トンネルのみ)で

来れちゃいますよ。

 

Hyounosen1306_001

 

前日までの雨でヌタヌタの水溜りだらけかと覚悟してたら

意外なくらいに綺麗やん。

下半身ドロドロになると思ってたんで拍子抜け。

 

Hyounosen1306_006

 

昼過ぎくらいから天候も徐々に回復。

前に来た時この辺りは雨と霧で全く見えませんでしたね。

今回は楽しめました!

2013年6月 2日 (日)

セローミーティング

5月25日に奈良トライアルマウンテンで開催された、ヤマハ

主催のセローミーティングに参加して来た時の事を。

 

022

 

西名阪の針TRSから30分ほどで到着。

セローのみ奥のイベント会場へ乗り進める事が出来ます。

ちょっと優越感。 ( ̄▽ ̄)

 

028

 

おお~!

どこもかしこもセローで埋まってます。

こんだけ多いと何か怖いわー。(笑

 
割合的には250が6割強くらいか?

そう言えば針TRSで見かけたセローは

250ばっかりやったな。

 

024

 

会場内では歴代セローが展示されてたり、キッズスクールや

ライテク講習会に特設コース走行会が。

でも到着したのが遅かったので、見て回るだけになってしもた。

なにか掘り出し物があれば買って帰ろうかと思ってたけど、出店

してたのは残念ながらワイズギアのみ。

覗いてみたけど買うモン無いよ~。

 

033

 

1時間ほどウロウロして会場を後に。

晴天に恵まれたし200キロは走れたんで、良いツーリングに

なったかな。 

2012年12月16日 (日)

原山峠~みくまりダムのダートを走る

キンピラと今年最後になるであろうツーリングに行って来た。

今回は篠山近辺の未開拓の林道を走る予定なんだが、朝から

天気は今ひとつ・・。 (;´д`)

 

005

 

三田近辺の林道を幾つか走り継いで篠山方面へと向かう。

しかしキンピラはマイナーな道を、よく知ってるな~。

ルートを覚えておいて暇な時に再訪しようかと考えてたん

やけど、あまりに複雑すぎて早々に諦めますた。

時期的に落ち葉が多く、下が舗装路なのかダートなのか判別

が難しくて走り難いね。

コーナーで気を抜くとリアが大きく流れてヒヤヒヤするわ~。

 

007

 

ひたすらグネグネ曲がりまくってR173からR372に入り、西野々の

交差点を原山方面へ曲がり広尾CCを目印に走ります。

ゴルフ場の手前を右に曲がると「原山峠」の林道入口です。

 

010

 

ぬかるんだ短い林道区間を過ぎると、ここの名物らしい長い

ストレートが現れます。

しかし林道と言うよりは未舗装路と言う方が正しいような・・。

総距離3キロも無いので、あっという間に走行終了。

せめて5キロくらいの距離があれば、定番コースに組み入れ

るんやけどなー。

 

 
林道を出て次はR702で「みくまりダム」を目指す。

R173近くまで走ってくると看板が出てるので、すぐ分かります。

 

012

 

しばらく走ってダムに到着。

こういう場所としては珍しく、下まで降りて行く事が出来ます。

つーか、これ入っていいのか?

 

014

 

ダムを周回するダートがあるんですが、調子こくと下に落ちそう

なんでノンビリと走ってみました。

なんか今回は林道らしい林道を走って無いような気がするな。

 
この後は噂に聞く深山に行ってみたんですが、どこもゲートが

閉じられてて中に入れずガッカリ・・。

ちょっとしたオフロードコースがあるって聞いてたんで楽しみに

してたのにな。

 

ここらで雨がポツポツと降って来たんですが、なんか消化不良

なんで定番コースを走って帰る事に。

 

016

 

林道其ヶ谷線の頂上付近で雪に見舞われる。

あまりの寒さに顔は痛いし鼻水は垂れてくるしでツラくなって

きたが、意地で走り続けるオッサン2人。

 

017

 

次は野所長谷線林道へ。

すでに疲れてるので今回は裏山林道はパス。

明るい内に帰宅する予定でしたが林道を出た時点で陽が

暮れてしまい、さらに雨に降られて罰ゲームみたいな感じ

で今年最後のツーリングは終了。

次は暖かくなってから林道の開拓を再開ですね。

 

 

2012年12月 3日 (月)

迷って保津峡

002

 

京都方面へ林道ツーリングに行ったものの、寒いわ雨には

降られるわで散々・・。

地図に載って無い林道を見つけて入って行ったら、途中から

超マディな路面に喰われてバイクも自分もドロッドロ。

身体の前半分が土だらけで店に入れず、自販機でしか買い物

が出来ん。

帰りに予定していたルートは崩落が多く、指示に従って走って

たら何故か保津峡に到着。

週末の観光地の渋滞は凄かったぜ~。

脱出するのに2時間以上かかったわ。 ( ̄◆ ̄;) 

  

 001

  

保津峡は綺麗だったけどな。

2012年11月17日 (土)

セロー3台でシワガラの滝~氷ノ山林道を走り倒し

先日、林道デビューしたキンピラさんをレベルアップさせる

ツーリングを急遽企画。

走り応えのある氷ノ山のロングダートに、トレッキング好きの

亨ちゃんも楽しめるシワガラの滝をルートに加えてみた。

 

AM9:00 中国道 西紀SAで待ち合わせ。

天気予報では雨は降らないハズだったのに、時折ポツポツと

降ってきて気分が盛り下がる・・。

 

002

 

途中、亀大三が道を間違えてしまい到着予定時間をオーバー。

まあ、ちゃんと着いたんやからええやん。 (^-^;

2人ともノホホンとしてるけど、こっちは前に一度来て滝までの

道のりのキツさを知ってるから笑顔が出ません。

 

003

 

山道を歩きだした途端に雨が降って来た・・。

もともと滑りやすい道が、さらに滑るようになり非常にデンジャラス。

ここらは標高が高いんで紅葉が進んでてて景色が良いんですが

見てる余裕がありません。

 

キンピラ 「もう半分くらい来た?」

亨ちゃん 「あと、どのくらいー?」

 

2人とも、これしか言わない。(笑

 
「話は聞いてたけど、まさかこれほどとは思わなかった・・。」

キンピラさんは高所恐怖症らしく、お爺ちゃんみたいな歩き方で

山道を下っていく。

 

004

 

さらに沢登りをしてヘトヘトになって滝に到着。

この滝は相変わらず、凄く幻想的だなー。

2人とも満足してる様子やけど、上までの帰り道の事を

考えてるのか表情が硬い。

特にキンピラさんがね。(笑

 

006

  

滝から戻って来たくらいから雨が強くなってきて気分が凹む。

おそらくと言うか確実に林道はグチャグチャになってると思う

ので、この先どうするか作戦会議。

 

「行きましょう!」

キンピラさんの一言で突撃が決定。

 

亀大三の心の声 (ウソ~ん、マジですかー・・。)

 

007

 

林道入口で空気圧の調整をして準備OK。

雨は降ったり止んだりでハッキリしないです・・。

それでも走り出せば楽しいし、とりあえず行ってみよーかどー。

 

008

 

走り出して5分も経たない内に雨がダーッと・・。

今までに無いくらいバイクと下半身がドロドロに汚れて

嫌になるけども、これが意外に走るのは面白いのよ。

 

流石に雨の中、バイクを降りて休憩は出来ないので

ひたすら走りっぱなし。

 
が、気付けば周りが暗くなってきてるのに気付く。

林道に入ったのが3時を回ってたんで、ちょっとヤバいかな

とは思ってたけど、悪天候のせいか予想以上に陽が暮れる

のが早い。

こんな山の中で完全に陽が暮れたらホンマにシャレにならん。

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

 

010

 

ようやく脱出・・。

辺りは既に、もう真っ暗です。

寄る予定だった「やまめ茶屋」も、とっくに店仕舞いしてて残念。

下半身が泥だらけで、このままだと飲食店に入れないので近くの

川で水洗いしつつ一休み。

最後の数キロは罰ゲームみたいな感じやったなー。

 

011

 

帰りに加西SAで休憩の図。

3台並んだセローを眺めていると、ジェットストリームアタックが

出来るなとアホな考えが浮かんでくる。

神戸三田ICで下車して、キンピラさんの誘導でスムーズに西宮

までイッキ走り。

皆でメシ食って解散となりました。

2012年11月 8日 (木)

キンピラさんセロー購入記念・林道ツーリング

キンピラが

セローを買ったから

今日は林ツー記念日

(亀大三:作)

 

常日頃からセローが欲しい、林道を走りたいと言ってた

キンピラさんですが、セロー専門ブローカーの亨ちゃん(笑)

からの紹介で遂に手に入れました。

 

016

 

なかなか程度の良い「おんぶセロー」です。

亀大三の5MPよりも力強い加速をするので、なんか悔しい・・。
 

早速ですが本人の強い希望もあり、近場の林道でキンピラさんを

デビューさせる事に決定。

 

012

 

キンピラさんの希望で猪名川近くの林道へ。

ここはガレてるんですが、こんなに道が悪いとは知らなかった

ようです。

先輩としてウデの違いを見せつけてやろうと思ったら、自分が

コケますた。

しかもバイクと地面に足首が挟まって自力で脱出できず、恥を

忍んでキンピラさんに救助してもらう。

まじハズィー・・。 (;;;´Д`)ゝ

 

015

 

林道を繋ぎながら走り、見晴らしの良い箇所で休憩。

本当はここで昼食の予定やったけど、亀大三が走行中に

ポテポテとオニギリを落とすので途中で食べてしまいました。

 

014

 

いつ来ても、ここは景色がイイねぇ~。

走りやすいし見晴らしも良いので、キンピラさんも

気に入ったようです。

 

021

 

キンピラさんに連れられ、次は三田の青田西谷川沿いの

林道を走ってみる。

片道3kmチョイと、かなり短いけどフラットで走りやすい。

 

023

 

そろそろ陽が傾いてきたので、ここらで探検は終了。

もっと長くて走り応えのある林道に行きたいらしいので

次は氷ノ山に連れて行こうと思う。

2012年10月29日 (月)

信州の絶景展望台を廻る ②

023

 

AM6:30起床。

寒すぎ。

出発の準備をしに外へ出たら、セローのシートが凍ってる・・。

早々に心が折れたので、宿に戻って気温が上がるまでマンガを

読んで過ごす。

 

「時間は大丈夫なんですか?」

宿のオーナーに指摘されて、かなり時間が経ってしまってる

事に気付き慌てて出立。

まずは宿の近く、ビーナスライン沿いにある「女の神展望台」

を目指す。

   

027

 

簡単に来れる割に絶景が見れるのがポイント高いです。

八ヶ岳の裾野がグワ~ッと広がる・・。

 

030

 

次の目的地はR299(メルヘン街道)沿いにある「高見石」。

この時期は紅葉目当ての観光客で、朝早くから駐車場は

満杯になるらしい。

それもあって早く向かう予定やったけど、寒かったんだから

仕方ない。

無理はしない主義です。

 

029

 

ここを過ぎたら目的地はスグそこです。

駐車場待ちの車で渋滞が出来てたりするので

要注意。

標高が高いせいか吹けが悪いような・・。

 

031

 

AM9:00チョイ前に白駒池の有料駐車場に到着。

既に道路には駐車待ちの渋滞が出来てますが、バイクは

何とかOK。

駐車料金をケチって麦草ヒュッテの無料駐車場を利用すると

プラス1時間ほど無駄に歩く事になります。

ここでトレッキングシューズに履き替えて山登り開始。

 

035

 

入口から暫く歩くと十字路に出ます。

体力や装備に自信の無い人は素直に、右の「高見石」方面から

登りましょう。

「白駒池キャンプ場」方向から高見石を目指すと勾配がキツくて

山登り好きや体力バカ以外は100%泣く事になります。

宿泊した宿のオーナーから、そうアドバイスを受けました。

 

036

 

037

 

それでも結構しんどいやん。 (lll゚Д゚) 

息苦しいのは運動不足のせいなのか、それとも標高が

高いからなのか?

看板から高見石まで40分て書いてあったけど、1時間

くらい掛かりそ。

 

しかし、凄い深い森ですわ・・。

横から熊が顔を出してても不思議じゃないし。

実際、すれ違う人は熊除けの鈴を付けてるしな。

 

046

 

高見石手前の山小屋に到着。

ゆっくり歩いて来たけど、ここまでで約40分なんで、まあ

予定通りな感じ。

しかし皆さん、ちゃんとした山登り装備で来てはりますなぁ。

モンベルやノースフェイス、パタゴニアの集団の中にバイク

装備の亀大三。

ワタシ、若干、浮いてます。 (笑

 

045

 

山小屋横から高見石展望台を目指して行くんやけど・・。

少し岩登りしますよとは聞いてたけど、こんなデカいの?

気持ちが萎えかけたが年配の女性もフツーに登っていくので

仕方なく腹を括る。

高所恐怖症にはチョッとキツイ・・。

 

038

 

ふおぉぉぉ・・。 凄い!絶景!!

 

登って来た人が例外無く歓声を上げますね。

ただ風が強くて、岩の上に立ってるのがチト怖い。

次から次へと人が上がってくるんで、ゆっくりとは

していられないのが残念。

 

048

 

帰りは白駒池経由のキツいルートで降りてみる事に。

ダメと言われると反対の意味に取るのが関西人の性。

画像では伝わりにくいが、とにかく岩がゴロゴロしてて

歩きにくい上に角度がキツい。

しかも濡れてヌメッてる場所が多く足首を挫きそう。

もう引き返すには遅すぎる・・。

 

049

 

降りたら駐車場に向かうつもりが、うっかり白駒池一周ルート

に突入してしまった亀大三。

たっぷり自然満喫なトレッキングを堪能させていただきました。

もー、お腹いっぱい。

 

060

 

高見石を後にしてR152→県道49で陣馬形山の展望台

を目指す。

が、目的地への林道が工事中の為に通行禁止。

 

059

 

せっかく、ここまで来たっちゅーのに・・。

諦めきれないので走ってみたけど、やはりダメだった。

この辺りも次に来る時には舗装化が進んでるんやろな。

 

062

 

せっかくなので林道を探して何本か走ってみた。

根がビビりなので道が険しくなってくると大人しく引き返す

のが亀大三。

安全パイなとこだけ走って満足しました。

 

この後「松川IC」から高速に乗って帰途に着きましたが、高速上

で想定外のエンジンストップ。

なんで? ガソリンまだ残ってんのに?

避難帯で寒さに震えながら2時間以上もJAFを待つハメに。

ダメもとでガソリンを入れてもらうと、何事も無かったのように

セローは息を吹き返した。

まあ、直ったから、ええんやけど・・。

 

最後にミソが付いたけど2日続けて天気も良かったし、まずまずの

ツーリングやったかな。

より以前の記事一覧